印鑑豆知識

印鑑実印はんこTOP

印鑑・はんこ・実印

私たち日本人にとって印鑑やはんこは古くから親しまれている馴染み深いものですよね。しかし印鑑やはんこに対して持っているイメージといえばなんだか堅苦しくあまり使わないといった方が多いのではないでしょうか。実は印鑑やはんこって日常の身近なところでよく使われているんですよ。

例えば宅配便を受取ったときや、銀行に口座を開設するときなど考えてみれば印鑑やはんこが活躍する場面は沢山あります。それと同時に印鑑やはんこにも活用する場面において使われる種類が違うのをご存知ですか?

印鑑やはんこは字体や使われる素材によって相手に与える印象も大きく違ってきますし、日常的に使う印鑑と婚姻届のサインに使う印鑑とでは使い分ける必要があるのです。今回当サイトでは印鑑やはんこの歴史、印鑑やはんこに関する情報を解説していきたいと思います。

印鑑・はんこの歴史

私たちは産まれたころから印鑑やはんこがすでに存在していて有る事がごく当たり前のようになっています。印鑑やはんこの文化や歴史について考える人はなかなかいないでしょう。よくよく考えてみたら印鑑やはんこのような便利なもの、誰が考えたのだろう?いつから存在しているのだろう?

そう思いませんか。印鑑やはんこといえば私は中国が発祥ではないかと最初は思っていました。調べてみると印鑑やはんこの発祥は中国ではなく約5000年前のメソポタミアだったことが判明しました。私たちが産まれる何千年も前に印鑑やはんこは既に考案されていたんですね。まぁ当時の用途は現在のように認証の意が篭っていたのかは分かっていないそうですが、古代は王家の証として使われていることが多いようです。

テレビやなにかでエジプトの遺跡の中に文字が刻まれた印鑑のようなものを見たことがあるのではないでしょうか。ヒエログリフといって文字というより絵に近い印ですがエジプトの遺跡からはそれらが沢山見つかっているようで、当時の人も印鑑やはんこをよく利用していたことが伺えます。

それから中世ヨーロッパでも印鑑やはんこが紋章や印章の用途で使われ貴族や高階級の間では権力の象徴、身分を証明するために使われたとされています。では日本に印鑑やはんこが伝わったのはいつごろなのでしょうか。

それは大化の改新後、遣隋使を通して中国や異国文化が入り混じったころ印鑑やはんこが日本に伝わってきたのです。当時はまだヨーロッパと同じように位の高い人間が自分の身分や権力を表すために使用していましたが、商業文化の発展と共に庶民に伝わるようになり今ではほとんどの人が印鑑やはんこを持っているというわけです。

最近パワーストーンブレスレットと同じように人気になってきているのが、パワーストーンの印鑑。 ブレスレットは仕事につけていけなくても、印鑑ならオシャレです。また日頃持ち歩くバッグにいれておけばパワーストーンの力を常に借りていられるかもしれません。ブレスレットよりもメジャーになる日も近いでしょうか?

後に印鑑やはんこには日本独特のデザインが組み込まれ今では一種の芸術としても海外から興味を持たれていますよね。海外では長い歴史の中で印鑑やはんこの存在自体が薄れてきているなか、日本や韓国では印鑑やはんこの歴史を尊重し今も利用され続けています。

おすすめWEBサイト 5選

大阪のフォトスタジオstudiozero。証明写真,プロフィール写真,オーディション写真,アー写,記念写真,商品撮影など各種写真撮影を承ります。

フォトスタジオを大阪で探す

大泉学園の賃貸物件

豊富なサイズのウッド調ブラインドを安価でご提供(通販)させて頂きます。サイズ加工可能ですので、オーダーブラインドのように柔軟に対応できます。

ブラインドの通販サイト

人気ボクサーパンツ専門店

リンクについて
当サイト「印鑑豆知識」はリンクフリーとなっております。どのページにもお貼りいただけますが、アダルトサイト又はマルチ商法関連のサイトからはリンクをお断りさせていただいております。
免責・事項
当サイトの情報を元に生じたトラブル、損失におきましては当サイトの管理人は一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

Copyright © 2009 印鑑豆知識 All Rights Reserved.